RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

フォレスト・ガンプやべぇ・・・

2008.05.28 Wed
「えー、お前まだ見てなかったの?  ホジホジ」



ええぃ!うるさい!見てなかったとも!!悪いか!?

・・・というわけで、やっとこさ見ました。『フォレスト・ガンプ』
もう、ベタ中のベタらしいし、感想も出尽くしたと思うのですが、
いやはや、一応確認の意味もこめて、
簡単な感想をココに残しておきたいな、と。

まぁ、それぐらいなら、バチも当たらんでしょ?

(※誤字があったので修正しました 08/05/30)

というわけでこの映画。
何と言っても「良い」
月並みな表現ですが、この一言に尽きますね

・・・なんて言ってると、馬鹿かと思われるので。
いや、あながち馬鹿も外れではないのですが、
そんなの今更再確認しても仕方が無いじゃないですか。
ココは一つエコノミーに、もう少しひねった表現で行きたいと思います。


ずばり、変化球もストレートもイケる上にスタミナまである奴!

正直言ってこの映画、オールラウンダーです!

とまぁ、褒め過ぎかと感じる方も居られるでしょう。
信者じゃねーの?と思っちゃう方も。

でもね、違うのよ。
それだけスゲーんだもの。仕方ねーだろっおい!!


ちゅうわけでね。「えーウソー?」って思う方。
見てないなら、見るといいと思うよ?
見たけどよさが分からんって人は、
死ぬ前ぐらいにもう一度ぐらい見たって、悪くないと思うよ?
ってぐらい万人にオススメ。

知っての通りヒューマンドラマ系だから、
ストレートな感性の人の方が楽しめるかと早とちりしちゃいがちですが、
んなこたぁない。

むしろ多少ひねた奴の方が楽しめるかもしれん。

ぐらいね、この映画。
シュールなところはとことんシュールだし。
笑いもわきまえてる。

ぶっちゃけ普通か非凡かと言われれば、かなり非凡な映画だ!

そりゃぁ、
「普通の人より知能に劣る男がバスを待ちながら半生を振り返る」
このシチュエーションでしょ?
一瞬、「え?それ映画にしちゃうの?」
って、耳で聞いた分にはそう感じるはず。

ところがどっこいしちゃった上に、更に傑作になっちゃったんだからビビる!
大抵安易な場面に対して「俺ならこうする」って部分、出てくると思うんですよ。
しかし、ハジケぶりとその微妙なさじ加減のおかげで、
「俺でもここまで出来ない」って思っちまう。つまり「スゲェ!」と。


ヒューマンドラマってのは、どうしても狭い範囲狭い範囲をクローズアップしていって、
その閉ざされた価値観の中で激しい喜怒哀楽を描き、
見る側を揺さぶろうとする。
そりゃぁ、価値観や、その独善や自分勝手に波長が合わないと、
思いっきり白けるのが、このジャンルの特徴だと思うんだけど、
この映画にはその心配が無い。

主人公が最高にストレートだからだと思う。
様々な状況に遭遇しながらも、
常にかざりっけの無い反応を示す。
その純粋さには本質的なものがあるから、
否定しようにも出来ない。
コレは強みだと思う。

またこの映画はリアル分と劇分のバランスが良い。
だからついつい、どんな展開も
「それは無い」とは感じず、
「こいつは愉快だ!」と感じれる。

やはり、映画を文で語るのは俺には難しい。
やっぱり一度見るべきなんじゃないかな。

いい映画なんだけど。よくある映画ではなかった。
Theme:心に残る映画 | Genre:映画 |
Category:未分類 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<明日だよー。面接の結果。 | HOME | 魅惑の『チョコソーダ』を飲んでみました☆>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://mkara.blog50.fc2.com/tb.php/48-baa15a65

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。