RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上等カレーなど

2008.09.26 Fri
先日先輩に連れられて、
難波から少し歩いたところにある、「上等カレー」というお店に行きました。

名前の通りカレーやさんです。
相変わらずカレーを食う毎日です。
そんなからすです。

正直へとへとな状態だったので、写真はかろうじて入り口のみ。
080926001.jpg

ちなみに視線を上げると、あまり可愛くないキャラクターとカレーのお値段が
黄色いテントに大きくプリントされております。

カレーの方は、無理やり系統に分けるとするなら、
インデアンカレーに近いものを感じます。
(甘辛指向、キャベツのピクルス等という意味で)
ただ近いというだけなので、あまり当てにしないでね。

接客は可も不可もなく、値段は安目。
一番人気はカツカレー!とありましたが、
先述にある通り私はへとへと。
先輩の猛プッシュもあり、迷わず野菜カレーをチョイスしました。850円

この野菜カレー、見た感じノーマルのカレーの上に、
別で火を通した野菜を後から乗っけてるみたい。
具はナス、カボチャ、パプリカなど。
あまり詳しくは覚えてません。

味は美味かったです。
この手のカレーに野菜が乗っかってること自体が初体験でしたが、
ルーとの親和性もよく、また野菜自身がショボくなかったのが何よりGood。
芋が入ってないのも個人的には〇。
まぁその辺は好みもあるでしょうが、
ライトなメニューを求めていた私にとっては有難いカレーでした。

ちなみに見落としがちですが、食べた後の口の具合も、
コテコテとした不快感が残ることも無く良い感じでした。

インデアンカレーが美味しいと思う人は、一度いってみるのもありかもしれません。
あちらがカウンターのみの真剣勝負的な戦場の雰囲気であるのに対し、
このお店はじつにカジュアルでのんびりしており、
テーブル席もあるので、ダラダラ友人と食す場合は適してると思います。



ちなみにその日の昼は一蘭でした。
最近話題らしい博多ラーメンの店です。

まぁ美味しかったですが、
大多数の料理と同じく、並んでまでして喰うものではないです。
秘伝のたれの良さがいまいちわからなかったのと、
麺の風味が強いので、ちょっと五月蝿いというか臭みに感じました。
でも、好きな人にはたまらないかもしれないですね。

もっとも、好みに応じてオーダーするタイプのラーメンなので、
何度か食べ比べてみないと、
自分にとっての本当の美味しさはわからないかもしれません。

ただ、ぶっちゃけめんどくさいです。
そういう好みとかは後々調整させてもらえればいいので、
まずはこれこそはと店側が思うベストを出せと思います。

でも、独自の注文システムとカウンターの構造から、
殆ど店員と触れ合うことなく、ただ淡々とラーメンが食えるので、
そういう意味では面白いと思うし、
煩わしいのが嫌いな人にはオススメかもしれません。

しかし、ここまでシステムで固めると、
私のように替え玉だけ麺の固さを変えてなんていうわがままな客の場合、
かえって店員さんに「すみません替え玉は別の硬さにしてもらえますか?」
なんて言わなければならない。
となると折角店員と極力接触しないシステムが台無しになるので、
その辺は替え玉の硬さもシートに記述するぐらいの、
徹底した対応をすべきではと感じました。

080926002.jpg
券売機の後に目にすることになる、空席状況を表示するボード。
LEDがピカピカ光り、胡散臭く安っぽくて面白い。


もっとも私の主観による感想なんて、あんまりあてになるものでもないので、
気になる方は真剣に受け止める前に、一度HPを訪れるなり、
実際足を運ぶなりして自分の目で確かめるといいかもしれません。
Theme:こんなお店行きました | Genre:グルメ |
Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<放置しまくってたら広告が・・・ | HOME | The Troubadoursが>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://mkara.blog50.fc2.com/tb.php/92-2dfa3965

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。